MENU

B’zの名曲「HOME」、YouTubeで二人のHOMEから動画セッション!

2020 4/29
B'zの名曲「HOME」、YouTubeで二人のHOMEから動画セッション!

コロナ禍の中、またまた最高に熱いニュースが飛び込んできました!

なんと、B’zのお二人が、それぞれのお家のスタジオから動画セッション披露してくれました!

披露された楽曲は名曲「HOME」

まさしく二人のHOMEでHOME!

これはハッシュタグ、「#お家でHOME♪」ですね(笑)

今回の記事ではそんな熱いセッション動画のご紹介と、それらにパワーをもらったリスナーの感想をまとめてみました。

目次

B’zの名曲「HOME」、YouTubeで二人のHOMEから動画セッション!

では、今回紹介するB’zの激熱セッション動画を見てみましょう!それがこちら!

引用 YouTubeチャンネル B’zより B’z “HOME” session

くぅー、いつになってもかっこいい!

お二人は年齢を重ねるごとに渋みをましていきますね。

それにしてもお二人のご自宅のスタジオのおしゃれなこと!

アーティストのお家ってアーティスティックな感じが多いですけれど、B’zの二人もそういった感じですね。

稲葉さんは防音のウッドウォール+絵画

松本さんはレンガウォール+絵画

そんな中、絵画にも負けない絵になるお二人

くぅー!この1曲で酒が飲めるぜ(笑)。

見た目のカッコよさだけではありません。

やっぱりB’zはそのサウンドが魅力ですよね。

HOMEの稲葉さんはどこか哀愁漂うボイス。

首に血管むき出しながら「Oh Yeah!」とか、「Hey!」って超カッコいい!

松本さんもアコギ+レスポールのしゃがれサウンド。

二人のサウンドが生み出す「HOME感」!わかります?このHOME感(笑)!

いい!実にいい!

ドラムとベースを抜いているからこそ、二人のサウンドの良さが引立ちます!

私にはこの自粛中、最高のプレゼントになりました!

さて、読者の皆さんはいかがでしたか?

スポンサーリンク

世間の反応

では、そんな激熱なB’zのお二人のスペシャルセッション「HOME」の反響はどうでしょうか。

ほんとB’z好きになってよかったと思える瞬間が沢山あって、LIVE映像を配信してくれてるのもHOMEを歌ってくれるのも感謝しかない、こんなきつい時だけど頑張ろうと思えます。STAY HOME、また笑顔でみんなで会いましょう!!LIVE-GYMでね!!!稲葉さんも松本さんもスタッフの皆さんもファンのみなさんもみんな身体に気をつけてください!!!乗り越えよう!!!

B’z 普通くらいに好きではいたけど、 今回広告なしのLIVE映像たくさん見ることができて、 言葉にはしないけどこうやって歌や行動で想いを伝えてくれてる。 めちゃくちゃファンになってしまった。

18歳だけど、両親どちらともB’zが好きで小さい時から暮らしの中にいるB’z、何度も親についてライブに行っていつしか私の中で無くてはならなくなったB’z。とても響きました(泣) B’zのおかげでたくさんのバンドが好きになりましたが、これからも私の原点で頂点です!きっとこういう人沢山いるはず!大好きです!

泣いてしまいました。 海外在住で、非常事態宣言が出てから一ヶ月以上が過ぎました。 仕事も一時的な解雇になり、主人と2人家にこもり、喧嘩も増え…。 か弱い絆じゃない! 頑張ります。 B’zのお二人、ありがとうございます。

´:ω:` ) ダメや……朝から号泣してます…… この曲の持つ歌詞のひとつひとつが胸に突き刺さる…… B’ zのお二人に感謝致します。本当にありがとうございます…………… B’ zのお二人も、ファンの皆さまも一緒にこの困難を乗り越えましょう! 我々にはまだ、信じられるモノがある。そう信じて今日も生きてゆこう。

引用:YouTubeチャンネル B’zより B’z “HOME” session
アドレス:https://www.youtube.com/watch?v=Xuv-uqfXHtU

皆さん、お二人のサウンドや歌詞がめちゃくちゃ刺さっていました。

この「HOME」という楽曲がいかに多くの人を支えていたかが理解できました。

自身の闘病生活中に聴かれていた方。

大切な人が病に倒れているときに聴かれていた方。

自粛生活に大きな勇気と希望をもらえた方。

病院へ出勤するのを躊躇している中、背中を押してもらえた方。

そんな二人に感謝の気持ちを恩返ししたいと心から願う数々の方々・・・

歌が、音が、歌詞が、二人が、B’zが!

私たちを支えてくれているのですね!

音楽って良いですね、本当。

そして、B’zって良いですね、最高。

そんな音で繋がれる私たちってあたたかいですね、感動。

皆さん、辛いとき、B’z、聴きましょう!

私も1日1日、一生懸命に生きていきます!

勇気もらいました。

ありがとうB’z、ありがとう皆さん!

スポンサーリンク

目次
閉じる