MENU

【新型コロナ】コロナ離婚とは何?その原因と対策について考えてみました!

2020 6/02
【新型コロナ】コロナ離婚とは何?その原因と対策について考えてみました!

新型コロナウイルスの猛威が衰えない昨今。ウイルスの猛威は社会現象にまで及んでいます。特に今回の記事で取り扱う「コロナ離婚」は世界的に問題になってきています。

今回の記事ではそんなコロナ離婚を詳しくご紹介いたします。そもそもコロナ離婚とはなんなのか?その原因は何なのか?

実際離婚する危機があるとして、それらの対策や相談窓口はあるのかなど、詳しく見ていきたいと思います。

目次

コロナ離婚とは何か?その原因とは?

まずコロナ離婚とは何かを見てみます。明確な定義はまだないようですが、私なりに定義を考えてみました。それがこちらです。

『コロナ離婚の定義(芸鍋作成)』
コロナ離婚とは、新型コロナウイルスの感染予防策(テレワークや外出自粛など)が、夫婦・家庭の関係性の変化させることでストレスを生み、それらが夫婦関係を劣悪なものとし、離婚に至るもの。

また、ネット上ではコロナ離婚の原因となるような状況について、コメントが飛び交っていましたので、それらをまとめてみました。

『コロナ離婚の原因となり得る夫婦感の状況』
①テレワークや外出自粛により夫婦として自宅にいる時間が長時間化することで、普段は気にならない些細なことが気になり、ストレスとなる。

②外出自粛となっているのに、夫婦のどちらかが気ままに自分だけ外出する。

③外出自粛や子供の学校休校により、食費や自宅での趣味などの出費がかさむが、その負担が夫婦のどちらか一方に偏ってしまっている。それらを相談するも協力が得られない。

④家庭内DVや虐待が潜在している家庭の状況が、外出自粛や休職・学校休校によりさらに悪化する。

⑤夫婦や家族が協力しなければならないときに、価値観の違いが露呈されてしまい、ストレス増加や喧嘩が絶えなくなる。

⑥感染予防策を夫婦のどちらかが一方がおろそかにしてしまい、それらを説明しても理解・実行されず、身の危険を感じてしまう。

夫婦関係を考えさせられる状況ですね。皆さん、一応神父様の前で「辞める時もどんな時も互いを敬い、守り抜くことを誓った」はずなのですが・・・

所詮は口だけなのでしょうか?真実の愛はそこにはないのでしょうか?悲しくなりますね。こんな時こそ、お互いを尊重し、協力し合うことが大切なのですけどね。

実際、こういった理由で離婚できるかどうかについて、具体的に記事にされている弁護士さんがいましたので、ご紹介致します。ご参考までに。

離婚弁護士相談リンク
コロナ離婚|感染拡大をきっかけに離婚を考える理由と離婚できるのかを解説|離婚弁護士相談リンク
コロナ離婚|感染拡大をきっかけに離婚を考える理由と離婚できるのかを解説|離婚弁護士相談リンク新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、コロナ離婚が話題になっています。ここでは、コロナによって離婚が増える理由やコロナを理由に離婚できるのかについて解説します。

スポンサーリンク

コロナ離婚した人はいるの?日本人の状況や芸能人は?

こちらに関しては非常にプライベートな情報になりますので、ネットなどの不特定多数が閲覧できるメディアには、コロナ離婚による離婚率などの具体的数値は検索できませんでした。

それはそうですよね。コロナ離婚したら、周囲からどう思われるか、想像つかないですから・・・。例え円満離婚だとしても、あまり良いイメージはつかなそうです。

そんなリスクを背負ってまで、「私、コロナ離婚しましたー!」なんて言える人は、よほど神経が図太い人に限られるかと思われます。

ですが、芸能人はその点、少し違います。「コロナ離婚」というレベルのプライベート情報であっても、公に暴露されてしまうのが実情といったところでしょうか。

今回は、実際に「離婚はしていないけれど、離婚の危機と思われる」状況になっている芸能人を少し、ご紹介します。ただ、本人のブログを見る限りでは、「本当に離婚の危機か?」と思われる方もいるかと思われますので、そういったレベルの危機である、と思って頂けたらと思います。

パンサー尾形、ゲームのやりすぎで妻に怒られる!

お笑い芸人のパンサー尾形さん。奥様のブログにて、ゲームのやり過ぎを指摘されています。どうやら、こういったご家庭は以外に多いようで、旦那様のゲーム癖に悩める奥様方のコメントが寄せられていました。

あわせて読みたい

小林礼奈、ブログでコロナ離婚を「他人ごとじゃないなって思う」とコメント

タレントの小林礼奈さん。自身のブログで旦那さんである、お笑いコンビ「流れ星」の瀧上伸一郎さんとコロナ離婚の危機について記事にされています。

4月10日現在、これらの記事は削除されてしまっているようですが、「一緒にいることで喧嘩が増えた」「(夫婦で一緒にいる時間は)1日1時間くらいでちょうど良かった」などのコメントを書かれていたそう。

人生でこんなに怒ったことはないと綴っていた小林さん。それほどまでにストレスが貯まっていた状況だったと思われます。

瀧上さんも外出自粛中はかなりゲームをやっているらしく、1日8時間にも及んでいる様子。尾形さんといい、芸能人は暇になるとみんなゲームをするんでしょうか・・・

小林礼奈オフィシャルブログ「小林礼奈のブーブーブログ」Powered by Ameba
小林礼奈『ゲーマーとの生活』
小林礼奈『ゲーマーとの生活』朝のお片づけビフォー↓終わりのない片付けhttps://ameblo.jp/aya-0218-0218/entry-12587768855.htmlアフター2…

コロナ離婚に対するネットの反応は?

では、コロナ離婚に関する世間の声を見てみましょう。コロナ離婚に関するリアルな声とはいったいどんなものなのでしょうか?

俺は俺はな旦那って本当にしんどいです。俺はこう思ってるけどあなたはどう?ってなんで話し合いできないんでしょうね。本当にコロナでコロッと死んでほしいとさえ思っています

Yahoo知恵袋コメント https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11222573746?fr=search_rss

私は元々無趣味でインドア人間なのでコロナストレスはないですが、夫が若干早く帰れたり休みが増えて最初は嬉しく思いましたが・・家にいる間朝から寝るまでずーーーっと酒を飲んでいて気味が悪いです。。見ていてすごく不安になります。コロナ離婚の人の気持ちが少しわかりました。。

Yahoo知恵袋コメント https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11222573746?fr=search_rss

コロナごときで離婚するような人達って結局その程度の関係でしか関係を気づかなかった人達なんでしょうね。 

Yahoo知恵袋コメント https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12222665597

私は逆に家族みんなでいられる時間が増えて嬉しいです。いつも週末を楽しみに生活してるぐらいなので。家族によりますよ。

Yahoo知恵袋コメント https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12222624972?page=2

どうにもならないとわかっていても生活していかなくてはいけないが、収入がないとなると何とかしないといけないと思うから口に出してしまう。その結果喧嘩に。金銭問題って切実だから離婚になってもしょうがないと思う。

Yahoo知恵袋コメント https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11222927411?fr=search_rss

コロナ離婚は共感できるという人と、全く共感できないという人とはっきり分かれていた印象があります。

コメント欄で、コロナ離婚に共感できるタイプの方は、外出自粛や在宅ワークになることで、夫婦の時間が多くなることがストレスに感じる人が多い印象でした。

一方で、夫婦の時間や家族の時間が増えることで、家族の絆が深まる、普段できなかったことができるようになる、といったプラスの状況となっている方もいました。

これが本来の家族や夫婦の姿と言えるのではないでしょうか?皆さんお金に困らず、家族と過ごす時間が増えれば、きっとこういった状況となるはず。

前者の方々はきっと、お金で自由になっても、精神的な自由までは手にすることは難しいのではないでしょうか。

もっと本質的な幸せに目を向けるべき、そう思います。ですが、それらができなかったり、目を向ける余裕がないほど、現実は厳しくも忙しいということは、私も理解しています・・・

コロナ離婚の対策は?具体的方法はあるの?

さて、そんなコロナ離婚ですが、対策はあるのでしょうか?コロナ離婚の専門家なんていません。なので、私が個人的に考える対策を書いてみようと思います。

ネット上の声を見てみると、コロナ離婚の本質は「ストレスの肥大化にある」と思います。それらが夫婦の軋轢を生み、離婚となるパターンが考えられます。

そもそもストレスの全くない夫婦などいないでしょう。いくら夫婦となっても、所詮は他人です。二人で一つになる、なんてことは絶対にありません。

そこを理解した上で、どれほど互いを尊敬できるのか。どれほど相手を思いやれるのか。

もうお分かりだと思いますが、つまりコロナ離婚の対策とは、日頃の夫婦関係に直結するということです。

普段からお互いを思いやり、尊重することができる夫婦関係ならば、コロナの感染予防策ごときで離婚などあり得ません。

むしろ、お互いの時間が作られ、大変な時期をアイディアを出し合い、一緒に乗り切ろうとする前向きな気持ちになれるはずです。

「この人となら一緒に乗り越えられる!」

それが夫婦です。冗談でなく、生きるか死ぬかの問題となっているこのご時世において、お互いのことを考えられない、それは言葉を選ばずに言うと、パートナーに「死んでもいいよ」と言っているようなもの。

夫婦がお互いに感じている「当たり前」は当たり前ではありません。夫婦のどちらか一方が努力している「何か」があるからこそ、成り立つ当たり前なのです。

当然、そこには感謝の気持ちが必要なはずです。あなたが朝、空腹で困ることなく出勤できるのは誰のおかげですか?夜、歯磨きをしてシャワーを浴びて、スムーズにベッドに入ることができるのは、誰のおかげですか?

今一度、あなたのパートナーにきちんと意識を向け、感謝してみましょう。そうすれば、コロナなんて怖くないはずですから!

『こんなご時世だからこそ感謝すべき夫婦の事柄』
・いつも食べている美味しいお弁当は誰のおかげですか?コスト、栄養、見た目、作った人の愛情を感じてますか?
・お子さんの保育園の準備の大変さ、知ってますか?癇癪を起すお子さんのストレスに耐え、朝ごはん、着替え、身支度、仕上げ磨きなどなど、朝は本当に戦争なのを知っていますか?
・あなたが何気なく言っている挨拶。実はとても素敵なことだと知っていますか?挨拶は相手がいないとできません。
・いつも快適な自宅環境、それはどうやって保たれているかわかりますか?綺麗なお風呂、トイレ、寝室。それらを綺麗にするのは誰でしょう?
・あなたが休んでいるとき、楽しい趣味をしているとき、代わりに「したくないこと」を一生懸命に行ってくれている人は誰ですか?あなたの「快」は、誰かの「不快」の上に成り立っているのです。感謝しましょう。

スポンサーリンク

コロナ離婚の相談窓口ってあるの?本当に助けて欲しいときの具体的方法

夫や妻に感謝した。沢山ありがとうを伝えた・・・でも、何も変わらなった・・・。

そんなときもあることでしょう。言葉で言うのは簡単です。ですが、実際の夫婦の溝はその夫婦でしかわからないことです。

どうしても埋まらない溝は、「埋めない」という選択肢もあって良いのだと思います。

その選択が夫婦にとって、素敵な未来につながっていると確信できるのなら、それもまたより良い人生を歩むための選択肢になるということです。

コロナ離婚に関しての相談窓口の情報がありましたので、参考に載せておきます。こちらを利用される方がいないことを願いたいものです。

あわせて読みたい
「コロナ離婚防止の窓口」公式サイト
「コロナ離婚防止の窓口」公式サイト毎日旦那が家にいてストレス、、そんな時!コロナ離婚を考える前にご相談下さい!

コロナ離婚 まとめ

新型コロナウイルスにおける感染対策予防策はまだまだ続きます。それこそ年単位となることが予想されます。

そんな中で、夫婦や家族の絆の強さが試されることとなります。離婚は人生の選択肢だと芸鍋は思っています。

ですが、コロナ離婚なんて不名誉な離婚を一生背負っていくなんて悲しすぎます。

あなたはどうしてその方と結婚したのですか?大切な人じゃないんですか?一緒に居られる時間を何よりも望んでいたんじゃないんですか?

そう思えないのなら・・・それはそういうことです。

多くのご夫婦がこの危機的状況を乗り越え、より強い絆で結ばれ、素敵な人生を歩まれていくことを切に願っています。

その鍵はコミュニケーションにあります。今以上に夫婦や家族と言葉を交わしましょう。そうすれば愛が感染していくはずですから・・・

一緒に頑張りましょう。では、今回の記事のまとめです。

『今回の記事まとめ』
・「コロナ離婚」は、感染予防策によって夫婦・家族関係が変化することで生じたストレスにより、夫婦関係が著しく劣悪になることで離婚となってしまうものである。
・コロナ離婚の原因は、夫婦間の「ストレスの肥大化」にある。
・「ストレスの肥大化」は、夫婦がお互いに尊敬し、感謝し合うことで軽くすることができる。
・感染予防策による外出自粛や在宅ワークにより、夫婦関係がより良いものになった方もいる。関係が悪化した夫婦は、そもそもの関係性が悪かった可能性がある。
・コロナ離婚で悩むことがあれば、専門の相談機関を利用することができる。
・感染予防策は年単位。この機会に夫婦や家族の在り方をより良いものにすべく、コミュニケーションを積極的にはかろう。

記事を読んでくださり、ありがとうございました。良かったらまた芸鍋にお越しください。

スポンサーリンク

目次
閉じる