MENU

エコバックって洗濯しないとダメ?洗わないといけない理由を調べてみた!

2020年7月1日より、全国の小売店で一斉にレジ袋有料化が進みます。これを機に、エコバックを購入された方も多いのではないかと思います。私もその一人です。

エコバックは名前の通りエコの一面はもちろんですが、その見た目のオシャレさもカワイイですよね。オシャレマスクと相まって、令和のファッションアイテム的な位置づけにもなりそうです。

実はそんなエコバック、お洋服と一緒で洗濯をしないといけないことを知っていましたか?私も最初はまったく知りませんでした。今回の記事ではなぜエコバックを洗わないといけないのか、その理由を調べてみました。

あと数日でレジ袋有料化の時代に突入します。エコバックの正しい取り扱い方法を知り、快適な日常生活を送りたいものですね。

目次

エコバックの洗濯が必要な理由、それは雑菌繁殖の予防!

エコバックの洗濯が必要な理由、それは雑菌繁殖の予防!

エコバックが推奨されている昨今ですが、皆さんはどちらにエコバックを持っていっているでしょうか?おそらく、ほとんどの方がスーパーやコンビニなどの食品購入の場に持っていっているかと思います。

スーパーで購入する商品と言えば、食品や雑貨、生活用品や衣類など多岐にわたります。今回の記事にあるように、エコバックを洗濯する必要が生じるのは、主に食品の購入の時です。

ではなぜ食品を購入した際に、エコバックの洗濯を意識する必要があるのでしょうか。それは各商品パッケージについている水分や、袋内に残ってしまう食品のカス汚れの原因となってしまうためです。

汚れだけならまだしも、それらを放置することで雑菌が繁殖し、その雑菌繁殖したエコバックに食品を入れて菌が付着、その食品を食べることによって食中毒となるリスクもあるのです。

【エコバックを洗濯しないといけない理由】
バック内に水分や食べ物カスが残っていることで、雑菌が繁殖してしまう。最悪の場合、その菌を付着した食品を食べて食中毒になってしまう可能性がある!エコバックを使用することで入院してしまうリスクがあり、全然エコじゃない!

ネットでは様々な調査結果が出ていますが、そもそも「エコバックって洗うものなの?」と思っている方が多くいるようです。数年前からエコバックは世に出ていますが、その正しい管理についてニュースで取り上げられることは少なかったと思います。

これから訪れる梅雨や夏の暑い時期は、食中毒の起こりやすい時期です。正しいエコバックの管理方法を知り、お買い物を楽しみたいものですね。

エコバックの正しい取り扱い:買い物のときにできる工夫

エコバックの洗濯って面倒。正直、そのように思う方も多いが実際のところではないでしょうか?なぜなら私もそうだから(笑)。

そんなあなたに、ちょっとした工夫でエコバックの汚れを防ぐことができるので、それらをご紹介します。

工夫1:ペラペラの取っ手なしビニル袋を使おう!

工夫1:ペラペラの取っ手なしビニル袋を使おう!

それはスーパーの会計後の商品を詰めるテーブルにおいてある、「ペラペラの取っ手なしビニル袋」を使うことです。

おそらく、会計の際にレジ店員さんがやってくれるところも多いかと思いますが、最近はセルフレジ化や、レジでの会計時間短縮のために、それらを省略しているスーパーもあります。

エコバックに食品を詰める際に、そのビニル袋に入れることでバック内の汚れを防ぐことが出来ます。「この手間が面倒だよ」って思われるかもしれませんが、食中毒になってしまってからは遅いですからね。

特に、忘れ去られているかもしれませんが、食中毒で有名な「0-157」などの菌は人命を奪うリスクもあるため、こういった適切なバック管理を怠ることで、取り返しのつかないことになることだけは避けたいものです。

あなたのひと手間が大切な人の命を守っていると考えれば、そのひと手間の大切さがおわかりいただけるのではないでしょうか?

工夫2:買い物かごを使おう!

工夫2:買い物かごを使おう!

エコバックの記事なのに、エコバック以外の使用を推奨します(笑)。エコバックの代わりになるもの、そう「買い物かご」です。なぜおススメするかと言えば、とっても便利だから!

買い物かごはプラスチック製のものが多く、使用後にアルコールを使ってふくことが出来るので、とっても衛生的!また、いちいち商品を出した後に袋を片付けたりしなくても良いのがスマート!

車がないと運搬に不便ではあるものの、食品購入が多いご家庭なら、重宝するアイテムと言えますね!私が以前スーパーで購入した買い物かごは300円でした。現在、ネットで見てみると700円から1000円前後となっているようです。

少し高く感じてしまいますが、一度購入してしまえばほぼ一生ものですので、コスパは高いと言えるでしょう。エコバックの洗濯が面倒くさいという方にはおススメのアイテムです。

スポンサーリンク

エコバックの正しい取り扱い:洗濯の方法

エコバックの正しい取り扱い:洗濯の方法

では、エコバックの実際の洗濯方法についてお話します。エコバックをまず洗うかどうかの判断基準についてお話したいと思います。バックの汚れ状況からと、バックの使用頻度の点から洗濯頻度を考えると良いでしょう。

【エコバックを洗うかどうかの判断基準】
その1:汚れ具合によって判断する
目に見える汚れがある場合 ⇒ 汚れをティッシュやキッチンペーパーでふき取り、洗濯をする。
目に見える汚れがない場合 ⇒ アルコール製剤を用いたペーパーなどで袋を拭く。

その2:雑菌繁殖する危険のある食品をバックに入れたかどうかで判断する。
水滴や食品カスが残る可能性がある食品を購入した場合 ⇒ 洗濯をする。
お菓子など、包装されているもののみを購入した場合 ⇒ アルコール製剤を用いたペーパーなどで袋を拭く。

その3:買い物頻度で判断する。
買い物の頻度が決まっていない ⇒ 最低でも1週間に1回は必ず洗濯をする。
買い物の頻度が決まっている ⇒ 買い物ごとに洗濯をする。よってバックのストックを持っておく。

※雑菌繁殖を完全に防ぐことを保証するものではありませんので、最終的にはご自身でご判断ください。

これらはあくまでも目安ですので、ご自身のバックの汚れ具合によって適宜判断してください。もちろん、毎日洗濯することが望ましいのは、言うまでもありません。

また、バックを洗濯する場合も、目に見える汚れは落としてから洗うようにしましょう。そうすることで、雑菌残りや、一緒に洗った洗濯ものへの菌の伝播を防ぐことができます。

では、ここからは実際の洗濯方法です。洗濯方法といっても、いたって簡単です。特別な工夫は必要ありませんので、ご心配なく!

【エコバックの洗濯方法】
洗濯機を使う場合
・洗濯ネットに入れて洗う。

手洗いの場合
・ぬるま湯に洗濯洗剤を入れ、エコバックを投入する。
・やさしくもみ洗いする。
・十分にすすぎ、洗剤を落としきる。
・水分をタオルでふき取りしっかりと乾燥させる。
※ここは洗濯機で「脱水」機能を使用してもOK!

洗濯方法自体は簡単なのですが、大切なことは「しっかりとバックを乾燥させること」です。洗濯しても、生乾きのままだと雑菌がまた繁殖してしまう原因となってしまうので、しっかりと乾燥させることを意識しましょう。

エコバックはたいていの場合、洗える素材となっているはずですが、中には保冷機能がついているような(バックの内側が銀のキラキラした物です)、洗濯機では洗えないものもあります。

そういったバックの場合は、使用後に十分に水分を拭きとり、アルコール製剤を用いてバック内を拭くことで対応可能です。外側は除菌スプレーなどを散布し、しっかり乾かすとより効果的です。

エコバックの洗濯が必要な理由、それはあなたの大切な人を守るため!

エコバックの洗濯が必要な理由、ご理解いただけたでしょうか?エコバックを適切に管理しないと、食中毒の危険性まであるとなると、買い物を躊躇しかねませんよね。

現在、外出の自粛が続いてるため、ネットスーパーや通販などで買い物をされる方も多いかと思います。送料などの予算はかかるものの、そういった買い物で袋レス生活を送るのも良いでしょう。

ご家庭の事情は十人十色ですが、おそらく多くの方がエコバックを使う買い物スタイルになることが予想されます。

定期的にバックを洗濯する、といった管理方法は手間ですが、それはあなたの大切な人を守るために必要なことです。最初は手間と感じるかもしれませんが、一度そういった生活習慣を身に着ければ、それは当たり前の生活様式へと変貌します。

2020年7月から始まる新たな生活様式。エコバックはその初歩の初歩と言うことができるでしょう。「安全を当たり前」にするために、まずはエコバックの正しい管理方法を知り、実践していきましょう。

本日も記事を読んで下さり、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次
閉じる