MENU

日本航空が兼業を一時的に兼業を承認!客室乗務員が病院に!?アテンダントナースの誕生か!?

2020 4/27
日本航空が兼業を一時的に兼業を承認!客室乗務員が病院に!?アテンダントナースの誕生か!?

なんと、客室乗務員さんが病院に来る時代がくるかもしれません?

今、航空業界の兼業化が活発化しているそうです。

今回の記事では、そんな今”兼業”がHOTワードとなっている航空業界の事情を見てみたいと思います。

フライトアテンダントとナースの二刀流・・・

ハーレムだ!

( ‘ ^’c彡☆))Д´) パーン

し、失礼いたしましたーっ!

目次

日本航空が兼業を一時的に兼業を承認!客室乗務員が病院に!?アテンダントナースの誕生か!?

日本航空が進める兼業が話題となっています。そのニュースがこちら。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200427-00136906-fnn-bus_all

このニュースを要約するとこんな感じです。

●日本航空が兼業を認めるような就業規約改定を行っている。
●本来、日本航空は兼業が禁止だった。
●日本航空の社員から「医療現場を助けたい」との声があった。
●これらをきっかけに、希望者の就業を認める動きとなった。
●兼業が認められる期間は4月24日から7月末まで。

凄いですね。CA兼ナースって・・・。いや待てよ・・・

CA兼ドクターもありえるのか!?(゚Д゚;)

普通に資格的に全く共通項がないように思いますが。

報道されているニュースでは、航空会社の社員さんがどんな病院職として働くのかまではわかりませんでした。

そもそも、「医療現場を助けたい」と言われた社員さんが、CAさんかもわからないですもんね。

でも、CAさんの仕事へのプライドや責任感など、医療現場の方々と共通するようなものがあるのかもしれません。

実際、救命処置や救命胴衣の取り扱いなど、医療領域を兼ね備える職業訓練もしていますし。

「医療関係の資格を持っている社員」の方々が、実際にどんな資格をお持ちなのかは大変興味がありますね。

今、コロナでお仕事が縮小傾向の航空業界。

そんな中でも「誰かを助けたい」と思う航空業界の方々・・・本当尊敬致します。

身を粉にして人のために生きる。私もそんな人間になりたいです。

ただ、このご時世、医療現場は殺伐としていますから、異業種が入ると何かと大変なのも事実かと。

そのあたり、「人を助けたい」という共通項でもって、うまくやっていけると良いですね。

スポンサーリンク

これらのニュースに世間は?

そんな兼業化が進む航空業界のニュースに、世間はどういった反応を示しているか、見てみましょう。

知り合いの客室乗務員でも元看護士の人いるけど今はほぼ飛行機には乗れないにしろ、医療現場にでてくれることに感謝。

今は業種を越えた助け合う取り組みが進んでいますね。こんな危機的な時こそ、企業から個人まで出来る取り組み、やるべき行動が、コロナ感染終息に繋がれば嬉しい限りですね。

資格はあっても経験ないと厳しい職場ですが。新人を育てるのと同じになるということだと思いますが、一時的に働くとなれば病棟ではなく外来などが現実的だと思います。接遇は完璧だと思います。

航空業界元々ホスピタリティ高いですよね、とてもいい人材が集まってますね。でもビジネスの枠を越えてくるなんて思ってもなかった。本当に尊敬する。会社がというより人が素晴らしい。

添乗スタッフの中には緊急事のために医療系の資格をお持ちの方がおられるのでしょうね。素晴らしいことだと思います。この発想で、自粛要請のために生活が苦しい飲食業の方々が代わりにできるお仕事はないものでしょうか。

引用:Yahooニュース コメント
https://headlines.yahoo.co.jp/cm/videomain?d=20200427-00136906-fnnbus_all&s=lost_points&o=desc&t=t&p=7

職種という垣根を越えて「人を助ける」という発言や行動に、感動されている方が多く見受けられました。

一方で、私の指摘にもあったような、「経験がないと厳しい」という意見もありました。

また、航空業界の動きのように、今自粛で苦しんでいる業種の方々もどうにかならないものか、との想いを抱かれている方もいました。

どんな意見があるにせよ、一人の発言が時代の大きな流れを作っていく、そんな予感がします。

一人の勇気が、多くの人の気持ちを動かしつつある状況だと言えますね!

さあ、あなたは明日にむかって、どんな言葉を投げかけますか?

スポンサーリンク

さいごに

今、私たちは苦しい状況にいます。

でも、「苦しい」と言えます。

「助けて」と言えます。

「何したらいい?」と言えます。

そう、私たちは話せるのです。

相手の状況を理解できます。

それは想いを伝え、行動にすることができます。

そしてきっと、その行動は希望へと変わります。

今回のニュースのように、一人の言葉が多くの人を動かします。

私たちは皆、そういった力を持っているのです。

さあ、勇気をもって進みましょう。

できることをできるレベルで始めるだけでいいんです。

それはきっと、誰かを支えることに繋がっていくのだから・・・

そんなお手本となった日本航空の皆様。

そんな素敵な企業がある日本に住んでいることを、私はとても誇りに思います。

心温まるニュース、ありがとうございました!

そして読者の皆様も、今日も記事を読んでくださり、ありがとうございました。

目次
閉じる